Mt.Fuji Kawaguchiko Music Festival 2008-

Mt.Fuji Kawaguchiko Music Festival 2008
show menu

富士山河口湖音楽祭2008 8.09〜8.16

about, 2017, 2015, 2014, 2013, 2012, 2011, 2010, 2009, 2008, 2007, 2006, 2005, 2004, 2003, 2002

2008.8.9 富士山河口湖音楽祭2008開幕〜オープニングコンサート
開幕直前に二年前の雷雨を思い出させる雷鳴と雨。でも昨年設置された可動屋根のおかげで少々の開演遅れ以外にトラブルなくオープニングコンサートを開催することができました。
今年は中学生の吹奏楽関係だけでなく、合唱の「コーロ河口湖」が出演。昨年の第九から続く合唱の企画へのつながりを感じさせるコンサートです。
都留二中も敷島中も何度もこのコンサートに出演しているため、かなり馴れた様子で見事な演奏・演技を披露してくれましたが、私が注目したのは中学生特別バンド。毎年編成されるこのバンドですが、今年は例年よりも曲の完成度が高いような気がします。期間中の合宿と佐渡さんの指導で最終日にどんな演奏を聞かせてくれるととても期待しちゃいました。。

コーロ河口湖

都留第二中学校吹奏楽部

敷島中学校吹奏楽部

中学校特別バンド

2008.8.10 キッズ植樹〜オマタタツローコンサート、森の音楽会
日曜の朝から子供たちがステラシアター周辺に植樹。富士山再生キャンペーンの関係かな。作業後は林の中に今年できた野外イベント会場でオマタタツローさんのコンサート。森の中に笛の音が響く、ほっとするコンサートでした。
昼からはBEATSと池上英樹さんが企画運営の「森の音楽会」。子どもたちと楽器を作ったり遊んだり、楽しい時間を過ごしたようです(私は指揮者アカデミー練習のため途中退場)

子どもたちが植樹のお手伝い

オマタタツローさんのコンサート

森の音楽会。池上さんと子供たち

2008.8.13 スーパーキッズオーケストラ公開リハ〜本番
昨年はじめて河口湖に佐渡さんが連れてきた「スーパーキッズオーケストラ(SKO)」。題名のない音楽会の司会者として佐渡さんが登場した第一回目の放送に出演したのがこの子たちだったのはすっかり有名ですね。
今年のSKOは昨年よりもさらに音が良くなったような気がします。どの曲も透明感のある素晴らしい演奏でした。
14日の夜、ステラシアターの裏でSKOのBBQがあって、スタッフとしてご馳走になったのですが、その時はメンバーたちは漫才を披露したすぐあとに四重奏を聞かせたりと、多彩な顔を見せてくれました。

公開リハーサル

本番

BBQ

BBQ

2008.8.14 吹奏楽高校生国内トップチームによるフレンドシップコンサート
今年もやっぱりこの三校。習志野栄高輪台!
昼からの習志野高校パレードで始まるこのコンサートですが、今回は地元の富士河口湖高校吹奏楽部もこのパレードに参加。しっかり習志野メンバーの中に入って堂々と演奏していましたよ。
コンサート本編は毎年のことながらもう圧巻。
習志野の「ローマの松」は会場の特性をフルに使った楽団配置で音の洪水を作りだしました。
埼玉栄は吹奏楽でやるか!と「テンペスト」。凄みのある演奏で圧倒。
高輪台はとにかく明るくクリア!フェスティバルヴァリエーションで見せた技術はただごとではありませんでした。
来年以降もずっとここ河口湖で素晴らしい演奏を聞かせてほしいですね。

習志野高校と富士河口湖高校

習志野高校

埼玉栄高校

東海大学付属高輪台高校
2008.8.14 佐渡裕による公開指揮者アカデミー
これこれ、なにはなくともこれがあれば富士五湖ウインドオーケストラとしてはオッケーです!
今年の課題曲は2002年、2003年にも取り上げた「アルメニアンダンス・パート1」。過去に演奏したとはいえ当時とメンバー構成も違うので当然みっち練習です。4回しかできませんでしたが・・・
今年も3名の受講者ですが、今回は地元山梨は大月からの受講者、しかも昨年までこの指揮者アカデミーに演奏者として参加していたO嬢が受講とあって、楽しみもさらに増えていたのでありました。
アカデミー本番はやはり楽しく、佐渡さんの指揮指導も相変わらずわかりやいのですが、受講者それぞれに必要なことをあの短時間で捉える様はやっぱり凄さを感じました。
後半はバンドクリニックで、課題曲「アルメニアンダンス」を仕上げてもらうのですが、今年は打ち上げ参加できない旨を会場で本番中(!)に告げると、その代わりってことでもないのですが、昨年の倍以上の時間をかけて曲を仕上げてくれました。最後の合奏が素晴らしい演奏になったのは言うまでもありませんな。

最後の合奏は感動的

みんなで。このあとサインもらいまくり。

2008.8.15 シエナWO公開リハ〜交流会〜フレンドシップコンサート
この日シエナメンバーが会場入り。朝からステージセッティングして、昼ごろからリハーサルが始まりました。
午前中の佐渡さんは中学生特別バンドの指導で、それが終わってからステラ入り。
リハ中のホール、ステージ上は暑い暑い。途中からは照明の明かりも暑いと照明落してのリハになってました(^^;)
公開リハが終わるころにはホールの外から焼き肉のにおい。そう、これも恒例の交流会のスタートです。焼き肉焼きそばおにぎりを準備するスタッフのみなさん、ほんと毎年お疲れ様です。ビンゴも盛り上がったみたいです。
交流会の後は最終日前夜のお楽しみ。フレンドシップコンサートです。中学生特別バンド、シエナお利口だークインテット、高校生特別バンド、シエナクラッツ、年金バンドが出演して、楽しく暮れていきました。

シエナ公開リハーサル

交流会、焼きスタッフ

中学生のフレッシュな演奏

お利口だークインテット

オーレ!?

年金バンドの味のある演奏

2008.8.16 歌の祭典〜フレッシュコンサート〜シエナWOコンサート
音楽祭も今日で最後。去年はこのあと第九があったのですが、今年はもうヘトヘトです。無理。今日で終わりでよかった。
今回はプレコンサートに「歌の祭典」もあり、昨年第九に出演された田村麻子さんも出演。素晴らしすぎる歌声です。この日のために結成された特別合唱団も佐渡さんの指揮で「大地讃頌」を歌い、会場からは大きな拍手が起こりました。
中学生特別バンドの演奏はこれまで聞いたことのない見事なもの。オープニングでの予感はやはり間違いではなかったと確信しました。高校生はしっかりとした高い技術と音楽性で魅了しました。加養先生もスゴい人だ。
17時からはいよいよシエナの出番。
冒頭の「運命の力」は緊張感のある見事なアンサンブル。いっぱいのお客さんが集中して聴いているのが伝わってきます。2曲めの「鳳凰が舞う」は複雑な構成の難曲。これもため息の出るような演奏でした。
ふつーの定期ならここで休憩となるのですが、そのままおもちゃ箱に突入。80日間世界一周で風船遊びのあとは則竹さんのドラムソロからロッキーでリコーダー、オギハラさんのボディパと盛り上がり、ステラ名物になりそうなマンボNo.5で興奮のるつぼに・・・とどめはアフリカン・シンフォニー炸裂!まさに炸裂!!でした。これで第二部大丈夫なの?というくらいの強烈な演奏でした。
1部終了後に袖に引き上げてきたメンバーはみな紅潮してゆでダコのような・・・湯気出てましたよ絶対。
第2部はディズニーCDから、ディズニー・メドレー、インクレディブル、パイレーツ・オブ・カリビアンを披露。どれももう言葉にできない楽しさ素晴らしさ。最高です。
アンコールの「小さな世界」の演奏が始まると同時に屋根をオープン。星条旗が演奏される頃には全開になり、最後の花火がホールの上空を覆って音楽祭は見事にフィナーレとなりました。んー、うまくいった。

大地讃頌

田村さん、キャンディードと千の風になって

中学生特別バンド&佐渡さん

高校生特別バンドと加養さん

そしてシエナWO

今年もマンボ!

星条旗に集まるみんなを待つ佐渡さん

星条旗

終幕の夜空に花火!

告知編


FWO恒例の「佐渡裕公開指揮者アカデミー」。今年は8月14日、19:30よりステラシアター大ホールにて開催です。
今回の課題曲は A. リードの「アルメニアン・ダンス・パート1」

受講について
指揮受講受付期間は5月25日〜6月30日。受講枠は3名を予定しています。ふるってご応募くださいますようお願いします。(応募方法の詳細は音楽祭HP、上記画像内をご覧ください)(募集は終了しました)
聴講について(受付中)
聴講も5月25日受付開始。事前申し込みが必要です。こちらは定員1000名に達し次第受付終了となります。
佐渡裕さんの指揮指導、バンド指導、音楽作りをほんとに目の前で見ることが出来る、とても楽しいクリニックです。聴講というと堅苦しいイメージになりますが、実際は指揮者の役割やバンドの演奏の変化がまさに手に取るようにわかる、そしてなにより、やっぱり佐渡さんの指揮・指導っぷりをほんとに間近に見られる(しかも無料で!)チャンスです。
聴講ご希望の場合は、住所、氏名、電話番号、団体名、人数を ご記入の上、音楽祭事務局へFAX(0555-72-5578)、E-mail、ま たはお電話(0555-72-5588)にてお申込下さい。ぜひお気軽にお申込・ご来場ください。
モデルバンド参加者公募について
モデルバンドは今年も富士五湖ウインドオーケストラを中心に、山梨県内一般および、大学で吹奏楽団に所属している方を対象に公募となります。こちらは7月4日が締め切りです。
音楽祭HP、チラシ等の応募要項をよくごらんいただき、音楽祭事務局(ステラシアター内)にご応募ください。(募集は終了しました)

モデルバンドの練習予定は以下の通り(2008.7.10時点の予定です)
08.06 水18:00-22:00下吉田コミュニティーセンター
08.09 土18:00-22:00河口湖ステラシアター
08.10 日13:00-21:00(17:30〜合奏)河口湖ステラシアター
08.13 水18:00-22:00河口湖ステラシアター
08.14 木 17:00〜
19:30-21:00
集合&セッティング、受講者受付、リハーサル
本番(指揮者クリニック〜休憩〜バンドクリニック)

準備編

2008.7.7
実行委員会にて、指揮者アカデミー受講者の選出会議があり、今年の受講者三名が決まりました。
いよいよ本格的な夏に向けてFWOも忙しくなります。市制祭、コンクール、音楽祭と怒濤の一ヶ月間が始まるのです・・・


2008.5.18
本日、一日ががりで音楽祭のチラシの発送作業を行いました。数日中のうちに主要関係先等に徐々に届くでしょう。
今年の音楽祭チラシです。こんなスケジュールで、25日にチケット一斉発売です。
 
JPEG 2060×2800pixel 1.2MB


2008.5.12
夏はやっぱり富士山河口湖音楽祭に全面協力。5月25日より各公演のチケットが一斉発売になります。今回も最終日の佐渡&シエナは完売必至なので、お早めにお求めください。
まずは新聞折り込み広告から広報スタートです。
 




Copyright© 1991-2017 Fujigoko Wind Orchestra, All Rights Reserved